• HOME
  • ウィークエンド
  • 週末に読みたい海外情報:ラタトゥイユレシピ、コロナを乗り切る5つのルール、コロナ明けの海外旅行はどこへ行く?

週末に読みたい海外情報:ラタトゥイユレシピ、コロナを乗り切る5つのルール、コロナ明けの海外旅行はどこへ行く?

ウィークエンド

週末にゆっくり読みたい海外情報。英語の勉強だけでなく、気分転換にも楽しんでもらえそうな記事を海外メディアからピックアップしました。What are you up to this weekend? 今週末は何をする予定ですか?

週末に作りたい簡単フレンチ:ラタトゥイユ

関東地方も梅雨入りしましたね。
でも夏っぽいお天気なので、今週末はラタトゥイユとロゼワイン気分です。数年前から注目しているパリジャンYouTuberのFrench Guy Cookingことアレックスくんのレシピでつくろうかな。かなり凝り性のアレックス君ですが、これはシンプル。フランス語なまりの英語リスニングの練習にもなります。実はフランス語を話す人たちも”This”の発音が苦手です。日本語話者のよう「ジース」と言うんですよ。

 

新しい生活 New Normal: コロナを乗り切る考え方

NY Timesにこんな記事 5 Rules to Live By During a Pandemic (パンデミック中に拠り所となる5つのルール)がありました。 なるほど、と思ったので簡単にご紹介しますね。詳しく読みたい人はリンクから記事に飛べます。

ルールその1 Check the health of your state and community

自分の住んでいるエリアの感染状況を把握する(陽性率が直近2週間で5%以下が目安)
ただしこれは、行政の出している数字が信頼できるものかどうかに左右されるので、残念ながら私の住んでいる東京都の場合は判断が難しいです。

NYのクオモ知事が毎日やっているように、昨日の検査数は州全体で7万9千303人で感染者数は796人、1%が陽性でしたと発表(6月20日)してくれれば、分かりやすいけれどね。こんだけやって1%ならだいぶ収まってるって信頼できる。まだ多いけどね。


ちなみ東京都が出している最新の数字(6月18日現在)は、陽性率1.8%ですが、検査人数ではなく件数をもとにしているので正しい計算ができません。まあ、一定の指標にはなるけれど。

ルールその2 Limit the number of your close contacts

会う人(濃厚接触者)の数を制限する。緊急事態制限も解除されたし少しずつ友達に会ったりしたいよね。この記事で推奨しているのは「コロナバブル」をつくること。少し前にバルト3国(ラトビア、リトアニア、エストニア)は、Baltic Bubbleといって、この3国間での渡航制限を解除し、14日間の自主隔離をしなくてもよくなりました。北欧でもデンマーク、ノルウェー、フィンランド間でも同じように制限が緩和されているようです。

日本が数字を誤魔化しているのは諸外国にバレているので、今後はハブられる可能性もありますし、アジア圏のバブルに入れてもらったとしても、日本人は渡航前にPCRまたは抗体検査の義務付けとなり、陰性あるいは抗体証明書を持って行くことになるのではないでしょうか。

これと同じように、外出するなら対策をきちんとやっている、信用できる人とだけという内容でした。不特定多数の人が集まるような場にはまだまだ行けませんね。第二波も怖いし。

ルールその3 Manage your exposure budget

Exposure Budgetという言葉を初めて知りました。Exposureは曝露のこと(放射線の被曝もExposureを使います)。どのくらいウイルスに晒されるか、デザートを食べたいからメインは軽めにしておくという体重を減らす時のように考えるのだそう。例えば、高齢の両親に会いたいから、(リスクの高い)パーティへは行かないとか。

結局、外出すればするほど、人に会えば会っただけ、人混みへ行ったら感染の確率は跳ね上がるわけなので、自分にとって本当に大切なことだけを選ぶということなんですね。コロナのおかげでこの優先順位について常に考えさせられっぱなしです。

ルール4 Keep higher risk activities as short as possible

高リスクの活動はできるだけ短時間に止める。コロナウイルスはたった5分の会話で感染が可能とも言われています。記事のなかでは、Contact Tracing(接触者追跡)を行う場合、感染者と15分以上濃厚接触した人を対象にしていると書いてありました。

マスクをしているか、オープンスペースかどうか、室内ならその面積なども関係するらしいので、オフィスやレストランのリスクを考えるうえで参考になりそうです。(マスクはやっぱり有効みたいですね)

ルール5 Keep taking pandemic precautions

予防対策を続ける。マスク、ソーシャルディスタンシング、手洗いなど基本的な予防対策を怠らないこと。当然といえば当然ですが、やはり基本は大切ですよね。

NYではこんなCMも出ているようです。Jason、みんなが逃げるのはそのマスクのせいじゃないよ、ちゃんとしたマスクしてないせいだよ。(リスニングがんばってみて!)

 

コロナ明けの海外旅行、まずはどこへ行く?

まだまだ海外旅行は先の話だけれど、どこへ行こうか考えるだけでもワクワクしてきます。まずはハワイかなぁ、それともパリ? ウィーンもまた行きたいし、ロンドンも好き。ヘルシンキで海を見ながらまったりするのもいいなあ。でもやっぱりNYへ行っちゃうような気もします。そんなわけで、初夏のNY気分が味わえる動画をご紹介します。
あーはやくまたNYに行きたいなあ。

 

Have a great weekend!

 

 

公式LINEアカウントでカンタンで自然な日常会話のフレーズを月水金 週3回、朝7時に配信中です。
センテンスやフレーズのレベルから音に慣れるようにしてみてください。 英語学習の習慣づくりにも最適です。
各種レッスンについてもLINEアカウントで真っ先にお知らせします。
公式ラインアカウントの無料英会話レッスンは下のアイコンからご登録ください。

友だち追加

 

レッスンなどのお問い合わせはこちらからどうぞ。
お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。