• HOME
  • アート好きのための英語
  • アート好きのためのやさしい英語レッスン第26回:ロートレック(LAUTREC)作「シルぺリック」のボレロを踊るマルセル・ランデ-ル

アート好きのためのやさしい英語レッスン第26回:ロートレック(LAUTREC)作「シルぺリック」のボレロを踊るマルセル・ランデ-ル

アート好きのための英語

アート好きのためのやさしい英語レッスン第26回

アート好きのためのやさしい英語レッスン第26回のテーマは(アンリ・ドゥ・トゥールーズ-ロートレック(Henri De Toulouse-Lautrec)作「「シルぺリック」のボレロを踊るマルセル・ランデ-ル(Marcelle Lender Dancing the Bolero in “Chilpéric”, 1895-1896)」

ロートレックといえば、浮世絵に影響を受けた大胆な構図の作品が印象的です。

貴族の家に生まれですが、10代の時の事故と遺伝病のために足の成長が止まり、身長は150cmほどに。若い頃から絵の才能を認められ、アトリエの仲間と夜遊びに耽るようになります。

ムーラン・ルージュの踊り子や娼館の女たちを描いた作品が多く知られています。黒猫やディヴァン・ジャポネのポスターも人気ですね。

でも、女優さんたちをあまり綺麗に描かないので、よく文句を言われていたそうです。確かに、良く見るとみんな変な顔をしています。この作品もそうですね。

この絵のモデル、マルセル・ランデールはロートレックの作品に度々登場します。当時の売れっ子女優でした。

50年以上前ですが、京都でロートレック展が開かれた際に借りた、マルセル・ランデールの肖像画が盗まれ、時効が成立した7年後に出てきたそうです。いまだに真相はわからず、小説になっているのだとか。

 
メールレッスンで提供する内容
 

第26回目の動画はこちらです。ワシントン・ナショナル・ギャラリーの子供向けコンテンツですが、大人も十分楽しめる内容になっています。英語のリスニング教材としても使えます。まずは、じっくり聞いてみてくださいね。リスニング力をさらにアップさせたい人は、ぜひディクテーション(書き取り)に挑戦してみてください。

 

メールレッスンでは、まず動画のなかで使用されている英語表現と単語を解説します。

キーワードを理解したら、動画を見てみましょう。
次はやさしい穴埋めディクテーション問題に挑戦してみてください。
英語のスクリプトをみながら、答え合わせをします。
聞き取れなかった部分をもういちど確認してみましょう。

リスニングとボキャビル、そしてアートが一度に学べます。

*音声のスピードが早すぎると感じるなら、右下の歯車マーク「設定」から再生速度を開きいて
調整してください。0.75だと少しゆっくりになります。あんまり速度を落とすと、酔っ払いが
話してるみたいになるので注意です。

早めのスピードに挑戦したい方は、1.25から挑戦してみてくださいね。早い速度に慣れておくと
標準で聞くのがラクになります。

メールでレッスンを受けたい!という方は、下のお問い合わせフォームにご自分のメールアドレスと、

メッセージ部分に、好きなアーティストや作品名を書いて送ってください。

第27回の配信は10月6日(火曜日)です。

 

この英語レッスンはメルマガ配信で行います。詳細はこちらの記事をご覧くださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。