アート好きのためのやさしい英語レッスン第12回:エドゥアール・マネ作「鉄道(The Railway(1873))」

アート好きのための英語

アート好きのためのやさしい英語レッスン 第12回

第12回のテーマはエドゥアール・マネ作、「鉄道(The Railway(1873))」です。オランピア草上の昼食で、これまでタブーとされていた現実の女性の裸体を描き、アート界にスキャンダルを巻き起こしたマネ。印象派の画家たちに影響を大きな影響を与えた存在とも言われています。 前回ご紹介したセザンヌと同じくお金持ちのお父さんが法律家にしようとするんだけれど、うまく行かずやっぱり絵描きになりました。田舎者セザンヌとは正反対に、マネは生粋のパリジャン。ブルジョワな雰囲気漂う軽妙洒脱な作品がわたしはとっても好きです。

この作品は当時大ブームだった鉄道をテーマにした作品。パリのサンラザール駅が舞台です。まだ鉄道が新しかった頃で、モネも同じ駅を描いた作品を残していますが、こちらは蒸気のみで鉄道自体は見えませんし、駅の外にいる女性と小さい女の子の姿がメインとなっている不思議な作品ですね。ちなみにこちらを見つめている女性は、オランピアや草上の昼食でモデルになっているのと同じ人です。この絵を見てあなたはどんなことを思いましたか?

 
メールレッスンで提供する内容
 

第12回目の動画はこちらです。ワシントン・ナショナル・ギャラリーの子供向けコンテンツですが、大人も十分楽しめる内容になっています。英語のリスニング教材としても使えます。まずは、じっくり聞いてみてくださいね。リスニング力をさらにアップさせたい人は、ぜひディクテーション(書き取り)に挑戦してみてください。

メールレッスンでは、まず動画のなかで使用されている英語表現と単語を解説します。

キーワードを理解したら、動画を見てみましょう。
次はやさしい穴埋めディクテーション問題に挑戦してみてください。
英語のスクリプトをみながら、答え合わせをします。
聞き取れなかった部分をもういちど確認してみましょう。

リスニングとボキャビル、そしてアートが一度に学べます。

*音声のスピードが早すぎると感じるなら、右下の歯車マーク「設定」から再生速度を開きいて
調整してください。0.75だと少しゆっくりになります。あんまり速度を落とすと、酔っ払いが
話してるみたいになるので注意です。

早めのスピードに挑戦したい方は、1.25から挑戦してみてくださいね。早い速度に慣れておくと
標準で聞くのがラクになります。

メールでレッスンを受けたい!という方は、下のお問い合わせフォームにご自分のメールアドレスと、

メッセージ部分に、好きなアーティストや作品名を書いて送ってください。

第11回の配信は6月30日(火曜日)です。

 

この英語レッスンはメルマガ配信で行います。詳細はこちらの記事をご覧くださいね。

[無料メールレッスンのご案内] 世界の美術館のアートを英語で楽しもう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。