• HOME
  • アート好きのための英語
  • アート好きのためのやさしい英語レッスン第28回:「フレデリック・エドウィン・チャーチ(Frederic Edwin Church)の(The River of Light (光の河/1877)」

アート好きのためのやさしい英語レッスン第28回:「フレデリック・エドウィン・チャーチ(Frederic Edwin Church)の(The River of Light (光の河/1877)」

アート好きのための英語

アート好きのためのやさしい英語レッスン第28回

アート好きのためのやさしい英語レッスン第28回のテーマは「フレデリック・エドウィン・チャーチ(Frederic Edwin Church)の(The River of Light (光の川/1877)」です

幻想的な河と森の風景ですね。原題はスペイン語で[El Rio de Luz]となっています。光の川という意味。

これは19世紀アメリカの画家、フレデリック・エドウィン・チャーチの作品です。
あまり馴染みがないかもしれませんね。

チャーチはコネチカット州の生まれで、第20回でご紹介したアルバート・ビアスタッドと同じ
ハドソンリバー派と呼ばれる風景画家の一人です。ビアスタッド同様に旅をしてアメリカ国内外の
風景を多く残しました。 

ヨーロッパの整備された風景ではなく、南北アメリカの荒々しい手付かずの自然を臨場感たっぷりに
描いています。同じ美術館に所蔵されている「ナイアガラ」がおそらく最も有名な作品です。

メールレッスンで提供する内容
 

第24回目の動画はこちらです。ワシントン・ナショナル・ギャラリーの子供向けコンテンツですが、大人も十分楽しめる内容になっています。英語のリスニング教材としても使えます。まずは、じっくり聞いてみてくださいね。リスニング力をさらにアップさせたい人は、ぜひディクテーション(書き取り)に挑戦してみてください。

 

メールレッスンでは、まず動画のなかで使用されている英語表現と単語を解説します。

キーワードを理解したら、動画を見てみましょう。
次はやさしい穴埋めディクテーション問題に挑戦してみてください。
英語のスクリプトをみながら、答え合わせをします。
聞き取れなかった部分をもういちど確認してみましょう。

リスニングとボキャビル、そしてアートが一度に学べます。

*音声のスピードが早すぎると感じるなら、右下の歯車マーク「設定」から再生速度を開きいて
調整してください。0.75だと少しゆっくりになります。あんまり速度を落とすと、酔っ払いが
話してるみたいになるので注意です。

早めのスピードに挑戦したい方は、1.25から挑戦してみてくださいね。早い速度に慣れておくと
標準で聞くのがラクになります。

メールでレッスンを受けたい!という方は、下のお問い合わせフォームにご自分のメールアドレスと、

メッセージ部分に、好きなアーティストや作品名を書いて送ってください。

第29回の配信は10月19日(火曜日)です。

 

この英語レッスンはメルマガ配信で行います。詳細はこちらの記事をご覧くださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。