重ね着、切りつけるよう、寒さに関する英語表現

おすすめ記事

ニューヨークタイムズのCity Room欄に、寒さに関する表現がたくさんでていたのでまとめてみました。

外出する必要のある人は以下のことに気をつけて、とアドバイスがあります。

• layers. It will be no more than 10 degrees, with gusts up to 50 miles an hour slashing exposed skin.
厚着をすること。気温は10度以下で、風速50mph(瞬間風速20メートル)の強風が吹き、顔や手など露出している肌を切りつけるような寒さ。

layers - 重ね着
gusts - 強風、突風
slashing - 切りつける
exposed skin - むき出しの肌

• People are “at risk for hypothermia, frostbite and other serious health problems.”
低体温症や凍傷、その他の深刻な健康障害が起こる可能性

hypothermia - 低体温症
frostbite - 凍傷

• How long will it take exposed skin to get frostbite? Around 30 to 45 minutes, the National Weather Service said. See this chart.
では、どのくらいの時間素肌を風に曝していると凍傷になるのか、というとアメリカ国立気象局(NWS)によれば、30~40分程度だそうです。

• School is open in the city. Sorry kids, bundle up and get out there.
とはいえ学校は休みになりません。
NY市の学校は授業を行います。はい子供たち残念でした。厚着して登校してください。

bundle up - 厚着する この表現はとっても良く使いますよ。

• Keep dog walks brief, the A.S.P.C.A. says. Use sympathetic good judgment. Don’t leave dogs outside or in the car.  Consider putting a coat on them.
動物愛護団体ASPCAでは、ワンコの散歩は手短にとアドバイス。
思いやりのある適切な判断を。犬を屋外や車の中に置き去りにしないこと。
コートを着せたほうが良いでしょう、だって。ワンコも寒いよね。

dog walks - 犬の散歩
brief - 短く
sympathetic - 思いやりある
good judgment - 正しい判断

• Neighbors: Please check in with them, especially if they are elderly or can’t get around.
ご近所さんの様子もみてください。お年寄りや体の不自由な人がいたら特に注意して。

• Other tips for staying warm outside? Wear mittens instead of gloves. Don’t wear cotton.
屋外で暖かく過ごすためのヒント:手袋は五本指のものではなく、ミトンを着用。綿はだめ。

staying warm - 暖かくする
gloves - 五本指の手袋
mittens - ミトン、ふたまた手袋

• When will it warm up? Wednesday, if the mid-20s sound warm to you.
It should get above freezing on Thursday.  Sunday could see 50 degrees.
暖かくなるのはいつ? 
水曜日に気温が20度(摂氏マイナス6度)を超えたら暖かく感じるでしょう。
木曜日には気温が零度を上回り、日曜日には50度(摂氏10度)まで上がる可能性があります。

freezing (point) - 氷点

****

新聞でこんなふうに、犬の散歩やご近所さんへの配慮などをアドバイスするあたりがとってもニューヨークらしいな、と思いました。

大都会なのにちょっと下町的な部分もあって人情を感じたりもします。

中学英語からやり直してみませんか?

 

レッスンへのご質問やリクエストも承っております。お気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。