学校で習った英語のあいさつ、I’m fine, thank you は間違い?

役立つ表現

英会話を始めたら、きっと最初の難関は「あいさつ」です。
緊張しちゃって言葉が出てこないなんてこともありますよね。 
「正しいあいさつ」なんて意識し始めたらもう、何がなんだか分からなくなります。 
よく言われている「アイムファイン、サンキュー」問題について、私なりに答えを出してみました。 

まずは覚えたフレーズを使ってみよう 

Hi, how are you? I’m fine, thank you, And you? 

おそらく、学校で最初に習うあいさつの言葉です。
これ自体は間違いではありませんし、とてもきちんとした言い方です。

私はヨーロッパの言語を少し勉強していますが、フランス語でもスペイン語でもイタリア語でも、
まず最初に習うあいさつは、ほぼこれに類似した形です。 

日本語にすると、

「こんにちは、お元気ですか」「元気です。ありがとうございます。そちらはいかがですか」
というやり取りです。とても丁寧ですよね。

 外国語の学習者が使うあいさつとしては、フォーマル寄りの万能な表現が最も適しています。 

たどたどしい日本語を話す人が、「どうよ、調子は?」なんて突然くだけた表現のあいさつをしてきたら、
ちょっとびっくりしますし、あまり良い印象は受けません。

アイムファイン、サンキューは古い? 

人によっては、アイムファイン、サンキューは古い表現だから誰も使わないと言います。 
私自身も周りではあまり使う人がいないなあと感じていたのですが、
最近、
目の前でアメリカ人からアイムファイン、サンキューと言われて、あれれ?
と思ったのでこの記事を書いています。 

アイムファイン、サンキューと言われたのは、企業のトップを勤めている年配の男性からです。  
やはり、きちんとした席でのあいさつでした。ただ、その後の会話は信じられないくらいカジュアルでした。 

ニューヨークに住んでいた時には、あまり使ったことがありませんでし、
学生同士や同僚とはそういうフォーマルなあいさつはしませんよね。 

もし、自分が日本の学生で、留学生の〇〇君が、会うたびに「お元気ですか?」とあいさつしてくれたら、
私はかなりの確率で好きになると思います。 

場面で使い分けるあいさつの言葉

アイムファイン、サンキュー以外の表現を少しご紹介しますね。 
 あいさつや言葉の選び方は、自分のボキャブラリー、相手との距離感、時と場合によって変わります。 

日本語もそうですよね。どの言葉でもそれは同じです。 

英語の場合、こんな言い方があります。
How are you? の返答としてアメリカで一般的なのは、

I’m good. 
I’m OK. 
I’m great! 
Not bad. 

How are you? とそのままおうむ返ししたり、Hey! What’s up?と返すこともあります。
相手がちょっと離れたところから声をかけてきた場合は、何も言わず笑顔で頷く、
手を振る、目線を送るだけ、などいろいろです。 

こうした表現は、クラスメイトや毎日会う同僚、友人など近い人とのあいさつです。

そして、私個人としてはあまり出来ないのですが、名前を呼ぶだけのあいさつも良く見かけます。
How are you? と言ってきた人がJohnだったら、Hey John!と返す。

あとは、How are youと言わずに、John、Karen、と名前を呼び合うだけ。
これは、相手の存在をきちんと認識していますよ、というジェスチャーです。

これはビジネスの場でも使われます。よりフォーマルな場合は、敬称をつけてMr. Smithなどと言います。

私の場合は、勤め先で外国人の上司と会ってHi, Mr. XXと声をかけたら、「Kyoko san」と返されたこともあります。

あいさつってそうですよね。お互いに存在を認め合う作業です。 

自分にしっくりくる表現を見つける 

英語だけでなく、どの言語にもあいさつの表現がたくさんあります。

学生時代はくだけた言い回しをだいぶ使いましたが、
立派な大人になった今は、なるべくきちんとした話し方を心がけています。

最初はファインサンキューで始めても、いろんな人と関わって、あいさつを繰り返していくなかで、
その場その場で自分にしっくりくる表現を選んで使えるようになります。 

そのためには、 とにかく場数を踏むこと。数稽古のないところに上達はありません。  

新しい表現を学んだらどんどん使ってみること。  

世の中にはいろんな人がいて、それぞれの見方でいろんなことを言うけれど、
自分の世界は自分の使う言葉で作られているから、本当の正解は自分だけが知っています。 

あまり正しさにこだわらず、たくさん間違って、たくさん笑われて、言語を習得してくださいね。

やり直し英語、どこから手をつけて良いかわからない?
それなら、無料英会話レッスンで最初の一歩を踏み出してみましょう。

公式LINEアカウントでカンタンな音声付き英会話レッスンを配信中です。
日常会話のフレーズやカタカナ英語を卒業するための発音のヒントもご紹介しています。
少人数のグループレッスンも企画中。こちらで真っ先にお知らせします。

公式ラインアカウントの英会話レッスンにご登録ください!

友だち追加

 

 

 

 


 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。