お休み明けの憂鬱な気分、英語でなんていう?

役立つ表現

旅行が楽しかったので、仕事に戻る気がしない
そんな休暇明けの憂鬱な気分のことを英語では
Post-vacation bluesと言います。

楽しかった海外旅行のあとに襲ってくる憂鬱な気分は
post travel depressionと言いますよ。

なんかヤル気が出ないときこんなふうに言います。

5月病なんだよね
I am feeling post-vacation blues.

今日は何にもやる気がしない
I don’t feel like doing anything today.

feel like 〜 やる気がしない

対処法にはいくつかあります。

1. Make a list of things you have to do TODAY.

今日絶対に終わらせなくちゃいけないコトをリストアップする。
その中でもこれやらないと、クビになっちゃうかも! 
ってくらい重要なものだけやる。
あとは、まあ、翌日以降で…テキトーに。

2. Plan something for this weekend.
今週末の予定を立てる
何か楽しい予定を考えましょう。
出来れば、友だちと素敵なレストランで
美味しいものを食べるとか、
誰かとの約束やお店の予約が必要なもので、
予定をフィックスしてしまいます。

3. Get dressed up
ドレスアップする。
お気に入りのファッションで、
いつもより気合いを入れて出かけましょう。
休み明けで会社へ行くとき、
リラックスモードのままではなく、
ビシっとオシャレすれば、楽しくなります。

4. Start planning your next vacation.
次の休暇の予定を立てる。
ゴールデンウィーク、夏休みは、遥か先に
思えるけれど、次の予定を考えましょう。
早すぎるということはありませんよね!

5.Last but not least
最後にとてもたいせつなこと

楽しかった休暇が終わってガッカリする、
仕事に行きたくないと思うってことは、何かを我慢しているサイン。

いまの仕事に行きたくない理由は何なのか、
自分にとってたいせつなことは何なのか、
考えてみる良い機会になります。

休暇明けにハリキッて仕事に行けるようになれば、
もっともっと休暇も楽しめますよね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。