アート好きのためのやさしい英語レッスン 第4回:メアリー・カサット作「船遊びする人たち」

アート好きのための英語

アート好きのためのやさしい英語レッスン 第4回 

第4回目はアメリカ人の印象派画家、メアリー・カサットの作品「船遊びする人たち(The Boating Party) 1893年」です。

1844年、ピッツバーグの裕福な家に生まれたメアリー・カサットは、ヨーロッパを旅しながら育ち、フィラデルフィアの美術学校へ行ったのち、本場で勉強するためにパリへと渡ります。パリでエドガー・ドガと親しくなり、印象派のメンバーとして活動していました(勝手気ままなドガとは後で仲違いして、持ってた手紙を全部焼き尽くしたりしてますけどね)。アメリカで印象派の人気が高まったのも彼女の功績だと言われています。 

そして、この絵を見て何か気付きませんでしたか? 

この臨場感のある画面の切り方…

そう! 構図が浮世絵みたいでしょ? 

カサットは喜多川歌麿など浮世絵のコレクターでもありました。 

この作品は、NYのメトロポリタン美術館にあるエデュアール・マネの作品
「船遊び(The boating)」に着想を得て描かれたと言われています。
マネも浮世絵に影響されて描いてるからね。斬新な構図にみんなやられちゃったんですね。

METの紹介ページはこちらです。

メアリー・カサットは、この時代に女性で画家として活動するという大偉業を成し遂げたわけですが、後年になって女性参政権運動などにも関わっています。とても先進的な新しい女性だったようです。ちなみに、アメリカ全土で女性に選挙権が認められたのは1920年(州によってばらつきはあります)、日本では戦後まもなく1946年のことです。
 
メールレッスンで提供する内容
 

第4回目の動画はこちらです。ワシントン・ナショナル・ギャラリーの子供向けコンテンツですが、大人も十分楽しめる内容になっています。英語のリスニング教材としても使えます。まずは、じっくり聞いてみてくださいね。リスニング力をさらにアップさせたい人は、ぜひディクテーション(書き取り)に挑戦してみてください。

 
メールレッスンでは、まず動画のなかで使用されている英語表現と単語を解説します。

キーワードを理解したら、動画を見てみましょう。
次はやさしい穴埋めディクテーション問題に挑戦してみてください。
英語のスクリプトをみながら、答え合わせをします。
聞き取れなかった部分をもういちど確認してみましょう。

リスニングとボキャビル、そしてアートが一度に学べます。

*音声のスピードが早すぎると感じるなら、右下の歯車マーク「設定」から再生速度を開きいて
調整してください。0.75だと少しゆっくりになります。あんまり速度を落とすと、酔っ払いが
話してるみたいになるので注意です。

早めのスピードに挑戦したい方は、1.25から挑戦してみてくださいね。早い速度に慣れておくと
標準で聞くのがラクになります。

メールでレッスンを受けたい!という方は、下のお問い合わせフォームにご自分のメールアドレスと、

メッセージ部分に、好きなアーティストや作品名を書いて送ってください。

第5回の配信は5月5日(火曜日)です。

 

この英語レッスンはメルマガ配信で行います。詳細はこちらの記事をご覧くださいね。

 

[無料メールレッスンのご案内] 世界の美術館のアートを英語で楽しもう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。