STEP 1 英語やり直しのまえに

英語やり直しのステップ

Slow Englishのサイトへようこそ。
この記事を読んでいるあなたは、きっと英語との関係が少しだけこじれてしまった人ですね。
仲良くなりたいのに上手くいかない関係は、人間同士だけではありません。

英語学習に関する情報は世の中に溢れているし、あれはダメ、
これもダメとやっちゃいけない事ばかりでしたよね。

混乱してしまうのも無理はありません。

このサイトでは、そんなあなたが英語をやり直すファーストステップを踏み出す
お手伝いをしています。

よーし、英語やり直すぞ!
と意気込んでいるかもしれませんが、ちょっと待った!

英語をやり直す前にやって欲しいことがあります。

まずは、今まで学んだことを一旦、すべて忘れてください。
文法も発音も、正しい言い回しも、全部です。

英語との関係を白紙の状態に戻しましょう。

Start with a clean slate

白紙の状態に戻すことを、英語ではこう言います。
slateはもともと文字を書いて勉強する石版のこと。黒板みたいなものですね。
黒板に書いてある文字をスーッと消すように、今までのことは忘れてしまいましょう。

過去に起こった事と、未来に起こる事とは無関係です。

「初めまして」くらいの気持ちで英語に接してください。

そして、リラックスしてコーヒーでも飲みながら、次のことを考えてみてください。

なぜ私は英語を学びたいんだろう、
英語ができたら、何がしたいんだろうか?

やる気満々なら、10個や20個はスラスラと上がってくるはずです。

小さなことで構いません。
もちろん大きなことでもOKです。

例えば、
日本に遊びに来た外国人に道案内をしたい
アメリカにひとり旅したい(旅行中にやりたいことも)
ニューヨークのカフェでコーヒーとデザートを注文したい

海外に留学したい(短期でも長期でも)
外国人の友達が欲しい
外資系企業で働きたい
自分の会社を海外へ売り込みたい
英語でプレゼンをしたい

通訳翻訳を仕事にしたい
英字新聞や洋書を読みたい
ドラマや映画を字幕なしで楽しみたい

そして、思いついた事を、ノートに記してみましょう。
ノートに書いたリストの中から、まずはひとつ選んで、じっくり見てみます。
今の段階では、どうやって実現するかは考えないでくださいね。

例えば、アメリカ旅行に行き、現地のカフェで注文している姿を想像します。

そのお店はどこにありますか?
そこはどんなお店でしょうか?
あなたは何を注文しますか?

出来るだけ詳しく妄想してみてください。
実際に英語を話している自分の姿を想像してニヤニヤするまでやってみてね。

もしも、そんなの思い浮かばない、
英語を使ってやりたいことがよく分からない、そう思うなら、

英語ができる人にはどんな特徴があるか想像してみてください。

例えば、
背筋がピンと伸びていて、堂々としている。
自分の意見を持っている。
ハキハキとよく通る声で話す
ポジティブ

あなたが思う「英語ができる人」ってどんな人でしょうか。
上の例と違っていても構いません。あなたの考えるイメージですから、
不正解はありませんよ。

その人は、どんな服を来ていて、どんな物を食べ、何処で遊んでいますか?
どんな仕事をしているでしょうか。

思いつく物を書き出してください。

あなたとそのイメージの人の共通点はどんなところでしょうか?
あなたが英語ができるその人だとしたら、何がしたいですか?

その人になり切って英語を使ってやっていることを想像します。
これもノートに書いてみてね。

どうでしょうか。ドキドキ、ワクワクしますか?
ニヤニヤできましたか?

このステップを面倒だと思う方もいるかと思いますが、
最初にこれをやっておく事が、今後の英語習得過程でとても大切になります。

是非、挑戦してみてくださいね。

気分が盛り上がってきたら、次のステップへ行きましょう♪

Have a wonderful day! 

 

講座とサービスはこちらから

このサイトに初めて来られた方、講師はどんな感じの人と思ったら、
いますぐ公式LINEの無料英会話レッスンに登録して、雰囲気を確かめてみてください。

月水金の週3回、センテンスやフレーズのレベルからカンタンな英語の音に触れて、
英語学習の習慣づくりができます。ご登録はこちらから。 

友だち追加

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。