いまさら聞けないハロウィーンって本当はなに?

動画でリスニング

だんだん日本でも市民権を得てきたハロウィーンですが、コスプレパーティする日じゃありませんよ!

ハロウィンってそもそもなに?

ハロウィンは古代ケルト人のお祭りが起源といわれています。ケルトは今のアイルランドやスコットランド付近のこと。彼らの暦では11月1日が新年でハロウインの10月31日は大晦日に当たります。その大晦日には、その年の収穫を祝うのですが、同時に先祖の霊が家族に会いに来ると信じられていました。日本のお盆みたいなものですね。

あの世から来るのが先祖の霊だけだと良いのですが、悪い霊も一緒に出てきて悪さをしたそうです。そこで、家をお化け屋敷のように飾り、お化けの仮装をすることで、自分たちは悪霊たちの中ですよ、生きている人間ではありませんよ、というアピールをするようになったとか。だから、激しい仮装をするのは、もともとは単にパーティを楽しむためではなかったのです。

この風習がアメリカに伝わってから、パーティ要素が高まり、今のようなスタイルになりました。

Trick or Treatというハロウィンの決まり文句もTreat me or I will trick you.を短縮したもので、「私をもてなさないなら、困ったことになるぞ」という悪霊の脅し文句がもとになっているそうです。

スヌーピーとチャーリーブラウンから、Trick or Treatの発音を聞いてみましょう。リスニングにも挑戦してみてね!

 

子供達が仮装をして、お菓子をもらいに家々を回ります。

これは、Trick-or-treating と言います。


Children:Trick or Treat! It’s Halloween!

Lucy: Can I have an extra piece of candy for my stupid brother?
He couldnt come with us cause hes sitting in a pumpkin patch waiting for the great pumpkin.

訳:バカな弟のためにお菓子を1つ余分にもらえませんか? かぼちゃ畑に座り込んで、かぼちゃ大王を待っているので来れなかったんです。

理解のヒント:extra 余分に candy はアメでだけでなく、チョコレートなども含む甘い砂糖菓子全般を指します。基本的には数えられない名詞なので単数系となっていて、 ”piece of ” がついて「お菓子1つ」という意味になります。

Pumpkin patchはかぼちゃ畑。patchは、布のつぎ当て、パッチワークのパッチや、眼帯(eyepatch)、プログラムのパッチなんかと同じですが、「一区画」という意味もあり、畑のことを指します。clover patch=クローバーがたくさん咲いている場所なんて言い方もしますよ。

Its so embarrassing to have to ask for something extra for that blockhead Linus.  

訳:あの間抜けなライナスのためにオマケをねだるなんて、ほんとに恥ずかしくてしょうがないわ。理解のヒント: embarrassing 恥ずかしい  ask for お願いする。おねだりする。 blockhead ばか、間抜け。スヌーピーの中では、チャーリーやライナスをバカにするときにルーシーがよく使う言葉です。

Lucy: I got  five pieces of candy  お菓子を5つももらった
Child A: I got a chocolate bar.  チョコレートバーを1つもらった
Child B: I got a quarter. 25セント(クオーター)硬貨を1つもらった
Charlie Brown: I got a rock. 石が一個入ってた 

理解のヒント:I got〜は、〜を得たという意味の決まり文句。いろんな場面で使えます。アメリカの25セント硬貨はQuarter(クオーター)と呼ばれます。Quarterは「4分の1」という意味ですが、ここでは25セント硬貨を指します。クオーターといえば、会社の四半期もQuarterです。子供達に配るお菓子が足りなかったときに、コインなどのお金をあげる人もいます。

Children: Trick or Treat!

Lucy: Gee, I got a candy bar. おー、キャンディバーが一個だ
Child C:
Boy Ive got big cookies! 大きなクッキーが入ってる!
Child D: Hey I got a package of gum! ガムが1パックだよ
Charlie Brown: I got a rock. 石が1つ。 

Trick or Treat!

Lucy: I got a popcorn ball. ポップコーンボールだ
Child B: I got a fudge bar.  ファッジバーをもらった
Child C: I got a packet of gum ガムが1パックだよ
Charlie Brown : I got a rock. 石が一個。 

理解のヒント:packet と packageはほとんど同じ。packetの方が小さいイメージかな。

かわいそうなチャーリー・ブラウン。お菓子の代わりに石を入れるなんて、意地悪な大人がいたもんですね。

私は記憶に残るTrick or Treatingはないのですが、小学生のときにカナダにいた私の夫は、お菓子もらう気満々で仮装してクラスメートお家へ行き、Trick or Treat!と言ったら、友達のお母さんから ”Well…how about trick?” (そうね、じゃあ悪さしてみて)と言われて、固まったそうです。ちょっとからかわれただけで、ちゃんとお菓子をもらって帰ったそうです。

 

通信講座のご案内
英語をちゃんとやり直したくなったら 自分の言葉で英語を話すためのジャーナリング添削講座がおすすめです。
3ヶ月間のトレーニングで、英語が口から溢れ出す体験を!

自分の言葉で英語を話すためのジャーナリング添削講座

LINEで無料英会話レッスン配信中!

公式LINEアカウントでカンタンで自然な日常会話のフレーズを月水金 週3回、朝7時に配信中です。
センテンスやフレーズのレベルから音に慣れるようにしてみてください。 英語学習の習慣づくりにも最適です。
各種レッスンについてもLINEアカウントで真っ先にお知らせします。
公式ラインアカウントの無料英会話レッスンは下のアイコンからご登録ください

 

友だち追加

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。