• HOME
  • アート好きのための英語
  • アート好きのためのやさしい英語レッスン第13回:オラツィオ・ジェンティレスキ作「リュートを弾く娘(The Lute Player(1612/1620))」

アート好きのためのやさしい英語レッスン第13回:オラツィオ・ジェンティレスキ作「リュートを弾く娘(The Lute Player(1612/1620))」

アート好きのための英語

アート好きのためのやさしい英語レッスン 第13回

第13回のテーマはオラツィオ・ジェンティレスキ(Orazio Gentileschi)作「リュートを弾く娘(The Lute Player(1612/1620))」です。

オラツィオ・ジェンティレスキという画家の名前はあまり聞いたことがないかもしれません。16世紀、バロック時代にイタリアのトスカーナに生まれ、カラヴァッジョの友人でもあり、その影響を受けた「カラヴァッジェスキ」として知られていましたが、この作品はカラヴァッジョのような陰影のはっきりとしたドラマチックな表現は薄れ、明るい色調と柔らかい線を使ったトスカーナ独特の手法に画家のオリジナリティが加わった作品となっています。

リュートの調律をしていると思われる女性の表情がとても好きです。様々な楽器と楽譜が置かれたテーブル。彼女はどんな曲を演奏するのでしょうか。リュートは当時とても人気のあった弦楽器で、ギターのように指で演奏します。カラヴァッジョもこの楽器をテーマにした作品「リュート奏者」を残していますし、フェルメールの作品にも「ルートを調弦する女」がありますね。今回の動画の後半でリュートの演奏が聴けるので、楽しんでみてくださいね。

 
メールレッスンで提供する内容
 

第13回目の動画はこちらです。ワシントン・ナショナル・ギャラリーの子供向けコンテンツですが、大人も十分楽しめる内容になっています。英語のリスニング教材としても使えます。まずは、じっくり聞いてみてくださいね。リスニング力をさらにアップさせたい人は、ぜひディクテーション(書き取り)に挑戦してみてください。

 

メールレッスンでは、まず動画のなかで使用されている英語表現と単語を解説します。

キーワードを理解したら、動画を見てみましょう。
次はやさしい穴埋めディクテーション問題に挑戦してみてください。
英語のスクリプトをみながら、答え合わせをします。
聞き取れなかった部分をもういちど確認してみましょう。

リスニングとボキャビル、そしてアートが一度に学べます。

*音声のスピードが早すぎると感じるなら、右下の歯車マーク「設定」から再生速度を開きいて
調整してください。0.75だと少しゆっくりになります。あんまり速度を落とすと、酔っ払いが
話してるみたいになるので注意です。

早めのスピードに挑戦したい方は、1.25から挑戦してみてくださいね。早い速度に慣れておくと
標準で聞くのがラクになります。

メールでレッスンを受けたい!という方は、下のお問い合わせフォームにご自分のメールアドレスと、

メッセージ部分に、好きなアーティストや作品名を書いて送ってください。

第14回の配信は7月7日(火曜日)です。

 

この英語レッスンはメルマガ配信で行います。詳細はこちらの記事をご覧くださいね。

[無料メールレッスンのご案内] 世界の美術館のアートを英語で楽しもう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。