• HOME
  • アート好きのための英語
  • アート好きのためのやさしい英語レッスン第20回:アルバート・ビアスタッド(Albert Bierstadt )作「ルツェルン湖 (Lake Lucerne(1858))」

アート好きのためのやさしい英語レッスン第20回:アルバート・ビアスタッド(Albert Bierstadt )作「ルツェルン湖 (Lake Lucerne(1858))」

アート好きのための英語

アート好きのためのやさしい英語レッスン 第20回

第20回のテーマは:アルバート・ビアスタッド(Albert Bierstadt)作「ルツェルン湖 (Lake Lucerne(1858))」です。

アルバート・ビアスタッドはアメリカの画家です。この作品はスイスのルツェルン湖ですが、ハドソン・リバー派の画家として、アメリカ北東部の自然をはじめ、ロッキー山脈やヨセミテ国立公園、シエラネバダ山脈など国内の風景画でも有名です。また、政府の西部遠征隊に同行し、ワイオミングから太平洋沿岸の風景を描き、西部開拓、フロンティア精神を代表する画家となりました。

画面では分かりませんが、とても大きなキャンバスを使って作品を描いています。この作品も182.9 x 304.8 cm (72 x 120 in.)なので、実物を見るとスケールの大きさに驚くかもしれません。

ルツェルン湖はスイス中央にある湖です。ワーグナーなどの音楽家が暮らしたこともある、風光明美な場所で、毎年夏には音楽祭が開かれています。いつか行ってみたいなあ。

 
メールレッスンで提供する内容
 

第19回目の動画はこちらです。ワシントン・ナショナル・ギャラリーの子供向けコンテンツですが、大人も十分楽しめる内容になっています。英語のリスニング教材としても使えます。まずは、じっくり聞いてみてくださいね。リスニング力をさらにアップさせたい人は、ぜひディクテーション(書き取り)に挑戦してみてください。

メールレッスンでは、まず動画のなかで使用されている英語表現と単語を解説します。

キーワードを理解したら、動画を見てみましょう。
次はやさしい穴埋めディクテーション問題に挑戦してみてください。
英語のスクリプトをみながら、答え合わせをします。
聞き取れなかった部分をもういちど確認してみましょう。

リスニングとボキャビル、そしてアートが一度に学べます。

*音声のスピードが早すぎると感じるなら、右下の歯車マーク「設定」から再生速度を開きいて
調整してください。0.75だと少しゆっくりになります。あんまり速度を落とすと、酔っ払いが
話してるみたいになるので注意です。

早めのスピードに挑戦したい方は、1.25から挑戦してみてくださいね。早い速度に慣れておくと
標準で聞くのがラクになります。

メールでレッスンを受けたい!という方は、下のお問い合わせフォームにご自分のメールアドレスと、

メッセージ部分に、好きなアーティストや作品名を書いて送ってください。

第20回の配信は8月25日(火曜日)です。

 

この英語レッスンはメルマガ配信で行います。詳細はこちらの記事をご覧くださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。