• HOME
  • 美味しい英語
  • 【美味しい英語】(A) Hard/Tough Nut to Crack 硬くて割れない木の実ってどんな人?

【美味しい英語】(A) Hard/Tough Nut to Crack 硬くて割れない木の実ってどんな人?

美味しい英語

【美味しい英語】では食べ物に関する英語表現をご紹介しています。
美味しいものに関する表現なら記憶にも残りやすいですよね!
 

1. a hard/tough nut to crack

まずは単語の理解から。今回はシンプルですね。
hard/tough は「硬い」 
nutは「ナッツ、木の実」
to crackは、「割る」、「こじ開ける」 

a hard/tough nut to crackは「硬くて割れない実」という意味になります。
まだよく分かりませんね。

「難問・難題」、「扱いにくい人」という意味で使われます。

2. 割れない木の実は手に余る

木の実を食べようと思って殻を割ろうとしてもなかなか割れない。イライラする。そんな情景が浮かぶ表現です。

会社の困った上司や同僚から社会問題まで、モノでもヒトでも難題や難物という意味で使えます。

例文:
This (He) is a hard/tough nut to crack.
これは難問だ/彼は本当に扱いにくい人だ。

Nut crackerといえば、「くるみ割り人形」のこと。クリスマスシーズンの定番バレエのタイトルですね。

 

レッスンへのご質問やリクエストも承っております。お気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせはこちらから

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。