働き方改革で新しい通勤手段を!ニューヨーク、カヤック通勤の男

NYに恋する理由

私は水辺が大好きで、交通手段として船があるとつい乗ってしまいます。
隅田川とか東京湾も船のサービスが豊富ですよね。

以前読んだ本に、自分が本当に好きなもの、得意なものを知るには、
母親に子供の頃何が好きだったか聞くとよい、と書いてあったので、
試してみたところ、

「そうねえ、子供のころのあなたは水浴びが大好きだったわ~。
庭に出したビニールのプールでいつまでも遊んでいたのよ~」
と言われました。

期待していた答えは、たとえば

「花の名前を覚えるのが得意だった、人と話すのが好きだった」といった、特技みたいなもの。

「水浴び」が好きってなんだかワンコみたいで、ガックリしました。
だけど、母の言う通りやっぱり水辺が好きで、水の近くにいると安心(?)するのでした。
まあ、水泳部だったし。いまも時々ジムの温水プールで泳ぎますよ。

イルカになったつもりで水をかき分けてギューんと進んでいくのが好き。
だからどうした、という感じだけどね。

水が怖い人もいるけれど、私は水辺がほっとするんです。
どうしてかというと、ここからどこへでも、行きたいところへ行けるんだと思うと安心するの。
山だとそうはいかない。

そうそうニューヨークの話でしたね。
マンハッタン島は、東をイーストリバー、
西をハドソンリバーに挟まれているので、いつでも水辺に行けます。

夏のニューヨーク、最近では川の水質もだいぶ改善され、水辺の遊びも多様化しているようです。
(とはいえ、隅田川と同じ仕組みなので泳ぐ人はあまりいません。ましてや国際競技会で
NYの川を泳がせられるなんてことになったら、大騒ぎになりそう!)

そして注目は、カヤックやカヌーなどのボート遊び!

去年もイーストリバーでたくさんのカヤックを見かけました。
ハドソンリバーでは9月まで無料でカヤックを楽しむことができます。

興味のある方は、マンハッタンコミュニティボートハウスまで。

ハドソンリバーでカヤック、と聞いたときに思い出したのが、
カナダのバンクバーでカヤック通勤をしている人の話。

ウエストバンクバーからダウンタウンまで、小一時間のカヤック通勤。
なんて気持ちよさそうな通勤風景と思ったので、ちょっと気になっていました。

ニューヨークにもいるに違いないと思って調べたところ、やっぱりいましたよ。カヤック通勤の男が。

ハドソンリバー対岸のニュージャージー州にあるホーボーケンという町から、
ダウンタウンのウエストサイド、10番街のオフィスまで、
やっぱり45分程度の通勤時間です。

エクササイズにもなるし、混雑がないから、ストレスフリーのようですね。
丘にあがってからがちょっと面倒だけど、オフィスにカヤックを持ち込めるあたりが、アメリカらしい!!

働き方改革の波に乗って、これから東京でも隅田川を下って芝浦のオフィスまでボート通勤とか、やる人が出てくるかも?
ちょっと前に流行ってたエクストリーム通勤の流れで? SUPとかもあり? なーんて妄想してしまいました。

カヤック引きずってマンハッタンを歩けば、初めての人は「お前、なんだそれ~」
なんて声をかけてくるだろうし、一度見れば、ああ、あいつか、
「Hey, kayak guy! 今日の波の調子はどう?」なんて会話してるんだろうな。

やっぱり自由でいいな。

 

公式ラインアカウントで英会話レッスン配信中です。
月水金の週3回、センテンスやフレーズのレベルからカンタンな英語の音に触れて、
英語学習の習慣づくりができます。一緒にはじめてみませんか?

ご登録はこちらから。 

友だち追加

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。