[動画でリスニング]レイチェル・クーの「パリの小さなキッチン」

動画でリスニング
今日は、『パリの小さなキッチン』で大人気になった
レイチェル・クーさんの動画を見てみましょう。

ほんとうに狭くて小さいパリのキッチンでイギリス人のレイチェルさんが、
次々と定番ビストロ料理を作っていきます。
 
タイルの色使いなど、インテリアも素敵。
 
 
この動画を使ったリスニング学習方法
 
1. 一度目はそのまま聞いて、話の流れを掴む
2. クイズに挑戦する 
3. 聞き取れない場合は、再生速度を0.75〜0.5くらいまで落とす
4. 答え合わせをして、もう一度聞く
5. 理解のヒントを参考に、わからない単語を確認する 
6. 余力のある人はシャドーイングのように、動画に合わせて声を出して重要表現を繰りかえす
7. 使ってみたいフレーズがあったら暗記して、どこかで使ってみる
 
 
 
今日はまず、動画の前半1分間を使ってレッスンをします。
次の質問に答えてみてください。
 
 
質問1. レイチェルがパリに住み始めたのは何年前?
 
質問2. パリに住み始めて困ったのはどうして?
 
質問3. パリのシェフがレイチェルには料理ができないと思った理由は?
 
質問4. パリのシェフたちが、レイチェルに対する態度を軟化させたのはなぜ?
 
質問5. レイチェルが料理学校で最初に習ったのは何?
 
 
まずは、質問をちゃんと読んでから、動画をみてね。

 
 
解答とスクリプト

質問1. レイチェルがパリに住み始めたのは何年前?

答え →5年前

I’m from Croydon and I moved to Paris five years ago.
*Croydonはロンドンの南側にある街の名前

 

質問2. パリに住み始めて困ったのはどうして?

答え →フランス語が全くできなかったから

When I was a kid I didn’t eat much French food.
It was hard to meet people at the beginning when you don’t speak any French.

質問3. パリのシェフがレイチェルには料理ができないと思った理由は?

答え → レイチェルがイギリス人だから

The hardest people to cook for are chefs.
They are really difficult especially if they are French chefs.
When I say I cook professionally, they don’t, they don’t believe that I cook professionally.
They say like you are English, you can’t cook.

 

質問4. パリのシェフたちが、レイチェルに対する態度を軟化させたのはなぜ?

答え→フランスのお菓子づくりを学んだから

But then I explained to them that I’ve trained in Paris
that I studied at a culinary school, i studied French patisserie, 
then they are soften up because it’s “French Patisserie”.
*culinary school 料理学校 
patisserie お菓子 (pastryと同じ)

 

質問5. レイチェルが料理学校で最初に習ったのは何?

答え→タルト生地

One of the first things we learnt to make at the culinary school was how to make a tart pastry. 
*tart タルト

 

今日のレッスンはここまで。

イギリス英語は、慣れれば日本人には聞きやすいけれど、スピードが速すぎると感じることも。

グローバル化とともに、学校の教科書にでてくる、
完璧な白人英語なんて実際にきくことはどんどん少なくなっています。
異なる種類の英語にたくさん触れられるよう、これからもいろいろご紹介していきますね。

ここが分からない、こんな動画で英語のリスニングをやりたいなど、
リクエストやご質問はこちらへどうぞ!

お問い合わせはこちらから
 
 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。